香水は何プッシュが正解?正しい回数とつけすぎた際の対処法

「自分の体の匂いが気になる」「女性から好かれる香りをまといたい」など、香水に興味を持っている男性も多いでしょう。香水はつける量が多すぎると、かえって不快に思われてしまい印象を損なうこともあるため、つける量や場所に注意しながら使用することが大切です。

当記事では、香水の使用量は何プッシュが適切であるか、香水の種類別に紹介します。香水の正しいつけ方と注意点、香水をプッシュする場所、つけすぎた際の対処法なども併せてチェックし、ポイントを押さえた上で香水の香りを楽しみましょう。

【種類別】香水は何プッシュすべき?

香水は、「パルファム」「オーデパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」といった4つの種類に大きく分けることができます。どの種類の香水も、体から20~30cm程度離してつける点は共通していますが、何プッシュが適切かは香水の種類によって異なります。

ここでは、適切なプッシュ数の目安や、種類によって異なる香水の特徴や持続時間、香りの強度について紹介します。香水の特性をふまえて、香水の香りを楽しめる使い方ができるよう知識を深めましょう。

【パルファム】1プッシュ

パルファム(パルファン)は香水の中で最も香りが強い種類であり、濃度も15~30%と非常に高いという特徴を持つ上級者向けの香水です。少量でも深みのある上品な香りを十分に楽しめるため、スプレータイプであれば1プッシュを目安に使用してください。

パルファムは香りの持続時間も長く、5~7時間ほど香りを楽しむことができます。濃度が高いことから比較的価格が高い香水となっていますが、少量で長時間香りを楽しめるため、コストパフォーマンスはよいでしょう。

最近ではライトな香りが好まれる傾向にあり、日本におけるパルファムの取り扱いもあまり多くありません。しかし、パルファムをうまく活用することで、他の人と重複しない高級感のある香りをまとうことができます。希少性が高く豪華な香りを楽しめるパルファムは、フォーマルな場で自分の香りの印象を残したい場合に最適な香水と言えるでしょう。

【オーデパルファム】1プッシュ

オーデパルファム(オードパルファン)は、濃度が10~15%のやや濃いめの香水です。パルファムよりも濃度は低いものの、オーデパルファムも香りの強い香水であるため、1プッシュで十分に香りを楽しむことができます。

オーデパルファムの香りは、3~5時間ほど楽しめるとされています。強めの香りを楽しみたい人はもちろん、外出中に香水を頻繁につけ直さずにすむことから、香水を持ち歩きたくない人にもおすすめです。日本における取り扱いがパルファムよりも多いため、自分好みの素敵な香りも見つけやすいでしょう。

【オードトワレ】1プッシュ

オードトワレは濃度が5~10%ほどであり、パルファムやオーデパルファムよりもライトな香りを楽しめる香水です。体に1プッシュすれば、ほのかな香りをまとわせることができるため、香水初心者でもつけすぎることなく安心して使用することができます。

オードトワレは、体につけてから2~4時間ほど香りを楽しめます。ほのかな香りが続くため、普段使いやカジュアル使いに最適です。香水の中では定番の濃度であり、香りの種類も豊富であるため、自分の好みのブランドや香りを見つけることができるでしょう。

オードトワレの香りを長時間継続させたい場合は、香りを感じにくくなった段階で重ねづけを行ってください。ただし、何度もこまめにつけ直したり使用量が多すぎたりすると、思ったよりも強い香りとなってしまう場合があるため注意が必要です。

【オーデコロン】2~3プッシュ

オーデコロンは濃度が2~5%ほどの香水であり、オードトワレよりもライトな使い心地が楽しめるという特徴があります。オーデパルファムのように強めの香りをしっかりとつけるのではなく、ほのかな香りを軽くまとうための香水として利用するとよいでしょう。1回あたり2~3プッシュ程度がおすすめです。

オーデコロンはオードトワレよりも香りの持続時間が短く、1~2時間程度と言われています。就寝前やお風呂上がりのリラックスタイムに、オーデコロンをつけると心地よい香りを楽しめるでしょう。リフレッシュ感覚で気軽につけ直すことができるため、日中の気分転換にも活躍します。

香水の正しいつけ方・NGのつけ方

香水の魅力的な香りを最大限引き出すためには、香水のプッシュ数だけでなく、つけ方も重要です。汗をかいた肌などに香水をつけると、香水の香りが嫌な匂いに変化する場合があります。お風呂上がりなど、肌が清潔なタイミングで香水をつけることがおすすめです。

また、香水の香りは「トップノート」「ミドルノート」「ラストノート」といったように、時間の経過とともに変化します。外出時に香水のメインの香りとなる「ミドルノート」を楽しみたい場合、出かける30分ほど前が香水をつけるベストタイミングです。

なお、香水には体臭を消したり抑制したりする効果はありません。香害として周囲の迷惑になる可能性もあるため、香水を匂い消しとして何度もプッシュすることは避けましょう。汗や皮脂の匂いを抑えたい場合は、香水ではなくデオドラント剤の活用をおすすめします。

また、洋服に直接香水をつけることは避けましょう。香水をつけた部分がシミになって取れなくなる恐れがあります。香りづけしたい場合は、衣類専用の香水や香りのよい柔軟剤を活用しましょう。

香水をつけた部分をこすらないことも重要なポイントです。摩擦によって香料の粒子を潰すと香りが持続しにくくなるため、香水を肌にプッシュした後はそのままの状態にしておくことを意識しましょう。

香水はどこに何プッシュすべき?

「香水は手首につける」というイメージを持つ人もいますが、手首につけるというルールはありません。最適な場所は、香水をどのように香らせたいかによって異なります。

ここでは、「香水の香りを自分でも楽しみたい場合」「香水の香りをふんわりと漂わせたい場合」の2つのケースについて、香水をつける際におすすめの場所を紹介します。それぞれのケースにおける適切なプッシュ数も併せて確認し、自分の気分やシーンに合った香水のつけ方を習得しましょう。

香水の香りを自分でも楽しみたい場合

香水の香りを自分でも楽しみたい場合は、上半身に香水をつけることがおすすめです。よく動かす部位である手首や、太い血管が通っている首筋やうなじにつけると、効果的に香らせることができるでしょう。

上半身に香水をつけるときは、香水のつけすぎに注意してください。「空中に1プッシュしたところへ手首をくぐらせる」「手首に1プッシュした後、香水を指先でとって首筋にのせる」など、つけすぎない工夫をしましょう。肩や肘の内側、胸まわりへの1プッシュもおすすめです。

香水の香りをふんわりと漂わせたい場合

香水の香りをふんわりと漂わせたい場合は、ウエスト(腰回り)やひざの裏、足首など、下半身のよく動かす部位や太い血管が走っている部位に香水をつけましょう。男性の場合、これらの部位は服や靴下で隠れるケースが多いため、香水を多少つけすぎたとしても、それほど強く香る心配がありません。香水初心者も安心してチャレンジできます。

ウエストやひざの裏、足首などに香水をつける場合、1~2プッシュ程度を目安に香水を使用しましょう。これらの部位の肌はデリケートであるため、敏感肌の人は注意しながら使用してください。

香水を何プッシュもつけすぎた際の対処法

香水を何プッシュもつけすぎた場合には、香水をつけた部位を流水で洗うと香りを抑えることができます。シャワーができないときや、外出先で洗い流す時間がないときには、アルコール(エタノール)を含むウェットティッシュでふき取りましょう。

「香水を何プッシュもつけてしまう」「量の調節が難しい」という人は、スプレータイプではなく練り香水もおすすめです。練り香水は揮発性のあるアルコール成分が含まれていないため、優しい香りをふんわりと漂わせることができます。さりげない香りで自分をアピールしたい人は、スプレータイプだけでなく、練り香水の使用も検討してみましょう。

まとめ

香水の適切な使用量は、香水の種類によって異なります。香水の香りの強さ・濃度などをふまえて、プッシュしすぎないよう注意しましょう。また、香水を匂い消しとして使用したり、服に直接つけたりすることは避けたほうが無難です。清潔な体に適切な量をプッシュするようにしてください。

香水の香りを自分でもしっかり楽しみたい人は手首やうなじ、控えめに漂わせたい人はウエストやひざの裏に香水をつけましょう。優しい香りをさりげなくまといたい場合は、穏やかな香りが楽しめる練り香水もおすすめです。練り香水は香水初心者でも扱いやすいため、ぜひチャレンジしてみてください。

練り香水(メンズ)のボディセンス購入ページ
練り香水(メンズ)のボディセンスの通販サイト(ソシア製薬グループのオンラインストア)です。健康食品のみならず医療に関する商品、機能性食品のことならお任せください。練り香水(メンズ)のボディセンスを是非通販でお試しください。
タイトルとURLをコピーしました